長谷川家

現代社会が生み出したモンスター

個人的な流行語

ンゴ……ンゴ……。

貴殿らは自分だけの流行語というのを持ってますかな?

我の中では、新年開幕速攻で今年の流行語大賞が決まりましたな。

ズバリこれですな。

保守的ではない前衛的。それが、僕だから。

長ったらしく言いづらかったので、縮めてこれになりましたな。

保守的の対義語は進歩的や革新的ではないかと揚げ足を取られますが、

語感の良さが重要なので関係ないですな。

 

ちなみに2015年の大賞は、

 

いいたいことは、いわせてあげないとかわいそうだよ。

 

昨今の現代社会は、いいたいことが言えず、

横柄な態度を取り閉口している人が散見されますな。

そのまま黙っていればいいんですが、

サブカル・ネット*1で罵詈雑言を吐き、

人間性が疑われるような行動をしてしまうのですな。

いいたいことはいう。はっきりと相手に伝える。

これが、簡単なように見えて至極むずかしいのですな。

そして、相手をないがしろにして自分の言いたいことだけを言う

自己満足野郎にも温かい眼で見守り耳を傾けるというのも大切なんですな。

惜しくも2015年の大賞に選ばれなかった至言は、

こんなものがありますな。


常に思考し、“論理”に“論理”を積み重ねていくことで、
“世界の分水嶺”にたどりつくことができる。
それに加え、“世界の分水嶺”を可能な限り無限に
論理積”することで、“新興宗教の教祖”という
最高の未来にたどりつくことができる。

*1:アカデミックではないWEBのこと