長谷川家

現代社会が生み出したモンスター

勝ち組と負け組

キモオタは二項対立が好きです。

水掛け論を年がら年中やっております。

オタクが特に好きな二元論としては、

勝ち組と負け組といった対立構造が挙げられるでしょう。

 

巨万の富を築くか、名声を得るか、勝ち組の定義は、

諸説あり、よくわからないので僕の恩師の言葉を参考にしてみましょうか。

勉強ができなくても、俺よりも稼いでいる子(教え子)はいっぱいいるよ。

要するにお金を稼いだものが勝ちでいいですね。

しかし、いくら稼いだところでポックリ夭折(ようせつ)してしまえば意味がないのもまた事実です。

そう、人生はデッド・オア・アライブ

ここにて、勝ち組の定義を決めます。

世界で初めて勝ち組の定義を決めたのはこの私になりますね。

 

長く生きた者の勝ち

 

単純明快ですね。

長年の疑問が晴れてよかったですね。

 

しかし……

 

だがしかしですよ。

勝ちとか負けとか浅ましくないですか?

 

人間は慈しむものですよ。

 

オタクきもっ。