長谷川家

現代社会が生み出したモンスター

釣り

現代社会が怖すぎて、夜しか眠れない長谷川 亮太です。

今日はキモオタと釣りに行った話をします。

キモオタは、ルアーの性能だの、釣りはどうだの講釈を垂れていてウザかったです。

釣りに慣れている玄人で、今日は初めてなんだぴょん! といい大物を釣るのなら、

すげえカッチョええと思いますが、

とにかく、釣具の性能や釣りのイロハについて語っていてうざかったです。

てめえは釣りキチ四平かよって感じです。

そうだねえって適当に流すこともできたのですが、

ぼくは、

「お、地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる。地球つってる」

って連呼しておきました。

キモオタは黙ったのでうれしかったぽよ。

 

ちなみに、釣果はゼロでした。

いわゆる坊主ってやつです。

広告を非表示にする