長谷川家

現代社会が生み出したモンスター

ミニマリスト

草稿を使わずに気合で書くのがこのブログのスタイルですので今回も書きます。

ミニマリストってのは、

断捨離をさらに突き詰め昇華させた概念です。

2013年頃からはてなブログでムーブメントが起きたと記憶しています。

デメリットを挙げるなら、一度は捨てても必要になったらまた買わないといけないという点でしょうか。

ある程度、経済的に裕福でないとダメな側面もありまよね。

モノは財産だという見方もありますが、

モノがないとフットワークが軽くなるものです。

引っ越しが楽そうですよね。

 

さて、キモオタの皆さんの記憶にあるのは、

スーパー・ミニマリストの久瀬さんでしょうか。

部屋に仮面を飾り、洗練された部屋はミニマリストそのもの。

超絶にかっこいいですよね。

 

人間関係まで精算するので彼はミニマリストオブミニマリスト

スーパー・ミニマリストですね。

 

全部、精算した。

if*1という作品は登場人物の多くが世捨て人ですが、

「全部、精算した」は、彼の行動原理を表した名台詞でしょう。

最後にミニマリストたちがノイズだらけのインターネットを手放さない理由は聡明な貴方ならわかりますよね?