長谷川家

現代社会が生み出したモンスター

ツァイガルニック効果 ツァイガルニク効果 Zeigarnik effect

完結させず永遠の未完成。

それが、ツァイガルニック効果です。

ツァイガルニック効果に関しては諸説ありますが、ヒトは完成されたものより未完成なものに魅力を感じ記憶に残りやすいということです。

ドラマやアニメでもカタルシスを感じるところで幕を閉じますよね。

そして次回へ続いていく。

コレクターがコンプリートを目指す心理も、ある種のツァイガルニック効果でしょう。

また、人間関係でもツァイガルニック効果は効果てきめんでしょう。

上手に使ってうまくヒトをコントロールしたいですね。

 

遊んでいるときを例に話をしましょうか。

ここでは、きりのいいところでお開きにしましょう。

後ろ髪を引かれる思いで場に不全感を残すからです。

あとは、残した残像に支配されることでしょう。

 

明日の朝からやることを今晩から少しずつ始めておくというのもいいでしょう。

ツァイガルニック効果のゆえ、記憶に残りやすいからです。

勉強などで使えそうですね。