長谷川家

現代社会が生み出したモンスター

引っ越し 新生活 必要なものこと

新生活に必要なものを書いておきます。

 

iPhone

現代社会を生きる上で必要なのは、なんといってもアイフォーン(イフォーネ)ですね。

「アイフォーンは21世紀初頭に現れた新しい文化だ」「まさにイノベーション

って言っている人もいるので、イノベーター・スティーブ・ジョブズが創造した文明の利器なんでしょう。たぶん。

 

大学進学にあたり、自作PCを組み立てる人もいますが、

なんだかんだでそのうちiPadになるんですよ。いや、ホントに。

PC / AT 互換機はいらないっすね。

人に借りるかネットカフェにでも行けばいいんじゃないんすか。

それか、ubuntu(ウブントゥー、ウブンツ)がインストールされたUSBフラッシュメモリやマウスのスティック型PC・ネズミスティックでも持ち歩いていればいいんじゃないんすか。

EvernoteのアカウントやFirefox Syncに使う、ふぃれふぉxアカウント、グーグルアカウント等のクラウドサービスは用意しておきましょう。

海外旅行もiPhoneとクレジットカード入りの財布とパスポートさえあれば大丈夫ですよ。

 

印鑑

印鑑は日本で生きるなら多分、必要ですね。

僕は市販の印鑑を使ってますが、わざと印鑑欠けにしてあります。

デザインナイフとかで加工しましょう。

印鑑登録の手続きも。

 

パスポート

印鑑と運転免許証を持っていけば、銀行口座などがつくれると思いきやつくれないばあいもあるので、念のためにパスポートを持って行きます。

 

マイナンバーカード

ぽっと出のポット野郎です。

使い方はよくわかりません。

住所が変わったらペンとかでカードに住所を書くらしいです。

日本語の対訳は個人番号です。

 

 

その他

運転免許証など。

 

引っ越しや新生活にあたり必要なもの

  1. iPhone
  2. 印鑑
  3. パスポート
  4. マイナンバーカード(通知カード、個人番号が書いてある紙)
  5. その他

 

続き

 

転出届・転入届

提出は、2週間以内とかだと思います。

ださねえと、罰金をとられます。

これから住む小屋(レジデンス)の住所とか書きます。

ハンコと運転免許証やマイナンバーカードといった身分を証明できるもの、

本人確認書類(住民票?)、転出証明書などが必要です。

 

郵便局の転送やゾンアマ、楽天などの住所変更

郵便局へ行き、荷物転送の申し込みをしましょう。

日頃から使っているオンラインショッピングサイトの住所変更なども。

 

警察署へ行って運転免許証の住所変更

証明写真や免許証、印鑑、住民票などが必要です。

祝日や土日はやってないので頑張りましょう。

閉まるのも5時とかなので受付の時間には気をつけましょう。

 

車とか犬の住所変更

がんばってください。

 

ご近所さんへの挨拶

限界集落のばあいは余所者はウザがられると思いますが、

頑張りましょう。

老害が吠えてきますが、我慢あるのみです。

 

ごみの分別を把握する

いい加減なところは、とことんいい加減ですが、

ごみの分別に厳しいところは本当に厳しいですし、

うるさいので調べておきましょう。

 

今週のお題「卒業」